昭和の美人

昭和の美人という感じで、テレビで昔の映像を振り返っている番組を母が懐かしいといいながらみました。昔の人では、髪型や骨格、スタイルとかメイクなんかも今とは違うだろうし、当時の美人は今みても美人とは思えないのではないかと思っていました。

昔の人、という古い感じだろうとたかをくくっていました。今と違って、整形手術などの進化もないはずなので。ところが、映像にでてきた加賀まりこさんをみてものすごく衝撃を受けました。こんな美しく可愛い人がいるのかと、驚いたのです。今の時代の人がみてもそう思うというのはすごいことだとも思います。それも、今の時代にいたとしても相当な美人。

そのあともインターネットで検索したり調べたりしています。今もテレビをみて綺麗だなと思う女性はいますが、こんなにも人を可愛く美しいと思ったのは初めてでした。グリーンスムージーでも飲んでキレイを維持していたのでしょうか?グリーンスムージーの口コミで分かった効果を見ているとそんな気がします。

加賀さんといえば、今も女優としてテレビに出演しているのをみますが、綺麗です。しかし、若い頃の美しさは本当にびっくりしました。野際陽子さんや、吉永小百合さんにも美しくて驚きました。最近はそんな画像ばかり検索しては、うっとりしています。

コピー如きで悲鳴をあげた、私のからだって・・・

どうよ、40歳そこそこの私のからだ。

先日、久しぶりに仕事で「コピー」という作業をやった。それがなんと費やした時間は4時間。上司に頼まれた仕方のない作業だったのだけれど、渡された資料を見て愕然。中身ぎっしり、大きなファイルが20冊も!「1時間半くらいで出来るよ」と仰っていたではないですか? 

コピーね、ちゃちゃっと終えましょう、なんて安易な感情はあれよあれよと消えていく。

ご存知のとおり、会社に設置されているごく一般的なコピー機はそんなにハイスピードで動いてくれない。自動で紙を挿入するも、両面となると機械であっても相当な労力で働く。自動なんだから放っておけばいいじゃない、と思うなかれ。なんと、コピー機も嫌気がさすのか、一度に2枚も読み取るなんて横着行為をすることがあるのだ。気持ちは分かるけれど見逃すわけにもいかず、結局私はただひたすらそのコピー機を見守り、応援し、ファイルを抱えコピー用紙を運び、結局4時間を過ごした。

そしてその夜。一日の終わりにパソコンを開いているとなんだか上半身がだるい。地球に身を引きずり込まれるような感覚に、ソファーで横にならざるを得なくなった。

「どうした? 貧血? 筋を痛めた?」この歳になると何か身体に異常があると、回りくどくも思考がなんとしてでも病気に辿り着こうとする。

思い当たる節も無く、引きずり込まれるようにベッドへ潜り、眠りについた。

次の日の朝。カーテンを開けると外は雨。ゆっくりと起きようとした時、私の上半身に悲鳴が走った。「痛っ、筋肉痛じゃん・・・」ボーっと考える。何したっけ?

しばらくして思い出した。あれ?もしかして、コピー? ちょっと待ってよ、コピーで筋肉痛? 確かにファイルやコピー用紙を抱えて部屋中を歩き回ったけど・・・。

たちまち情けなくなる私。トホホ、、、40歳そこそこなのにコピーで筋肉痛とは。分かってる、普段運動をしていない自分がいけないのは十分に承知している。それでも、コピー如きでこんなにも悲鳴を上げる自分のからだに、身も心もしょんぼり。

さて、これを機に運動でも!と思いたい。ところが、そうもいかないのよねぇ。

だって、次にこういうことがあったらなんて考えて、先送りを繰り返すのが得意なもので。

公園でゆったりとした気分を味わった

先日、天気がとても良かったので、久しぶりに近くの公園へと足を運んでみました。いつもは休日なら家で過ごしているのですが、この日は空がとても綺麗な水色をしていて、思わずインドア派の私でも外出したい気分になりました。

昼間の公園では、近くに住む子供たちが賑やかな笑い声をあげながら、楽しそうにブランコなどの遊具で遊んでいました。私もそんな様子を見て、ふと昔を懐かしく感じて思い出したりしました。こんな風に時間を忘れて過ごす休日も、普段とは違ってなかなか良いものだなと思いました。もちろん、休みの日には家でのんびりすることも良いと思います。

だけど、外の新しい空気を体いっぱいに取り入れたり、可愛らしい子供たちの楽しそうな笑顔を眺めているのも、とても癒しになるのだなと感じました。けれど、いくら天気は良くても風は冷たいので、家に帰ったあとはすぐに温かなお風呂にゆったりと浸かりました。

この前雑誌で、お風呂でも出来る簡単な運動の方法を載せていたので、運動不足気味の私はほぼ毎日のように実践しています。

この日は、時間を忘れるくらいゆっくりとした一日を過ごせましたが、今度の休日は一日中体をアクティブに動かして、日頃の運動不足を解消したいと考えています。

思わず一目惚れした苺とチョコのお菓子

先日、趣味のネット通販巡りをしていると、偶然とても美味しそうな商品に巡り合いました。

それはまるごとの苺に、さらにいちごチョコレートをコーティングした洋菓子で、茨城県の天使のおくりものというお店が販売している「丸ごと苺トリュフ」という商品です。

正直私はその見た目に思わず一目惚れしてしまい、そうなれば当然「これは絶対美味しい」とインスピレーションが働き、さっそくお取り寄せしてしまいました。

しばらくして、我が家に冷蔵便で送られてきた現物を実際に見て「やっぱりこの見た目は美味しいに決まっている!」と確信を持てました。

そしてその現物をコーヒーとともに頂いてみると、先ず苺とチョコの甘い香りが口内に広がり、そしていちごチョコレートの食感のあとに、フリーズドライで加工された苺のサクッとした食感が続き、さらにその後口の中で急激に苺の酸味とチョコの甘味が広がって、それらの味を咀嚼したあと飲み込んだときの満足感は、予想通りかなり良いものです。

やっぱり最初に感じた「絶対美味しい」というインスピレーションは正しかったということですね。

そのあまりの美味しさにあっという間に一箱分を食べ終えてしまったので、またお取り寄せしたいと思っています。